スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もあとわずか

いやーまた一ヵ月経ってました。

ヘビーローテーションのドラム演奏動画、再生数がかなりいってて嬉しいことこの上なしって感じです。ありがとうございます!
第三弾撮ろうとおもいつつ忙しさを言い訳にとってないですごめんなさい!
曲はもう決めてるんだけどなー


さてさてもう12月ですね。
今年買ったCD、借りたCDのなかからよかった物でも上げていこうかと思ったのです。
シングル・アルバム問わず。
出た年代問わず。
去年ほどじゃないけど今年もいろいろ買ったからねー。

ではではスタートしていきまっしょい!




旅団/Lingua Franca
以前も書いたジャムバンド、旅団。
sgt.のdrum、大野均が参加しているということで買ってみたCD。
『バンド』というものが何かを考えさせてくれるいいバンドだと感じた。
ギターがいて、ベースがいて、ドラムがいて。
それが『バンド』であると思われている。
でもそんなことない。4本編成とかもあるよねー、とかいうレベルじゃない密度。
総勢9名でステージ狭しと荒ぶる男達の音は熱さが尋常じゃない。
ジャンベ二人、ギター一人、ディジュリドゥ一人、ベース一人、メロディカ一人、ドラム一人、バイオリン一人、コン一人。
ほっとんど打楽器。だからこそ僕の胸を熱くさせる。
もう一枚と迷ったけどこっちのアルバムを選定。AOBAZUKUを是非聴いていただきたい。
ステージに大人数で現れて引っ掻き回し暴れまわり、そして去っていく。
『旅団』という名前がまさにふさわしい、熱いバンドです。
これ聴いて熱くなれよぉ!!!

旅団/africa



Chick Corea & Gary Burton/THE NEW CRYSTAL SILENCE
旅団の次にあえてめっさおとなしいのを。おとなしくはないかな?
吹奏楽部だった頃からVibraphone大好きだったのに、著名な演奏者をあまり聴いていないなと思い。
Chick Coreaという名前に釣られて買ったこのCD。
二枚組で一枚目がオケとの共演。
二枚目が二人だけの音源。
どちらかと言うと二枚目を聴いてもらいたい。
一曲目から流れるようなメロディがすーっと胸に染みこむ。
Vibraphoneのタッチの多彩さ。アドリブの完成度。
流石にVibraphoneの名手(他を知らない)。
曲がりなりにも6年間吹奏楽をやっていた者として、Vibraphoneもある程度叩けると思っていた。
しかしこの創造性、欲しいところで欲しい音を出す能力。
こんなにも脱力してるのにね。
Vibraphoneとはこれだけ雄弁な楽器だったか、と思うほど。
透明感を失わず部屋を自然に流れていく音楽。
何かしながら聴いてもいい。聴くことに集中してもいい。
そんな自由さがあるこのアルバム。
Vibraphoneが何かを知ってみませんか?

No mystery



矢井田瞳/VIVID MOMENTS
ベストアルバムも出して産休入って正直復活はないだろう、と個人的に思っていた人。
僕が小学生の時からずっと聴いてきた歌声が帰ってきました。
打楽器を、ドラムを始める前からずっとずっと聴いてきたこの声。
彼女の歌声はとても牧歌的で、伸びやか。
長い間休んでいたのでどうなるかわからない、と思いながら買ったけれど。
全ては杞憂。間違いなく矢井田瞳は帰ってきた。
今回のアルバムに捻くれた曲は少なく、here today gone tomorrowと少し似ているな、と感じた。
僕は彼女の底抜けに明るい曲も好きだけど、『Are you Ready? Boy』のような曲も好きだ。
だからこそ次のアルバムではそういった曲も聴きたいと思いながら。
復活してくれてありがとう。

Simple is best



やくしまるえつこメトロオーケストラ/ノルニル・少年よ我に帰れ
相対性理論のボーカル以外の活動も盛んなやくしまるえつこ。
アニメタイアップのCDも幾つか出しており、ヴィーナスとジーザスなどがいい例。
僕は彼女個人にそんなに興味がなかったのだけど、友人にyoutubeのアドレスを貼られて即タワレコに向かった。
相対性理論にも言えることだが、世界観構築のうまさが並外れている。
曲としての完成度は言うまでもなく、PVやジャケットまで含めて『作品』であるということ。
それを強く感じさせる一枚。
ノルニルより少年~のほうがポップ要素が強い印象を受けた。
サステインの長いウワモノが鳴りつつ、下ではスピード感を感じさせるドラムが疾る。
相対性理論の『小学館』の更なる進化系のようにも思う。
彼女の声は例えるなら『耳元で囁かれたら恋に落ちる声』
一声出すだけで世界を作る。計算され尽くしたその声にやられる男子多数。
女の子も落ちていいのよ!
どちらの曲がいいかは好みの別れるところだけど、僕はノルニルを推したい。

ノルニル




長くなってきたので分割しましょうか。
続きは近いうちに書きます。書くよ!?書くよ!?
スポンサーサイト
プロフィール

たつとむ

Author:たつとむ
ドラマー、パーカッショニスト。
6年間の吹奏楽生活の後、ドラムセットを菅沼孝三氏、マーチングスネアを中部敬之氏に師事。
現在は広島県で活動中。
レコーディング、サポート、レッスンなど随時受付中ですので、メールフォームからお願い致します。
自転車もやってるよ!
使用機材
楽器
Snare Drum Ludwig LM400BT
Electric Drum Roland TD-9KXS
cajon DG Kiyo,channy
Cymbals:paiste 2002,twenty
guitar:duesenberg starplayer V

自転車
GT GTR Series4 LTD (SRAM rival)
MONGOOSE TYAX (Shimano DeoreLX&XT)
Panasonic PCT-3000(Shimano ultegra 6800)
Oribike M10

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。