スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸と動作、残心

今回は、以前記事にした「呼吸」についてもうちょっと掘り下げてみようかと思います。

参考記事:「叩く」ということ


音の長さぶんの息を体に取り込んで、それを音として放出する。

意識を持っていく上での「呼吸」という手段。

前回の記事ではそのことについて記述しました。

今回は「音を出し終わった後」についてのことです。


剣道や弓道における「残心」ってご存知でしょうか。

うぃき先生によると。

武道における残心とは、技を決めた後も心身ともに油断をしないことである。たとえ相手が完全に戦闘力を失ったかのように見えてもそれは擬態である可能性もあり、油断した隙を突いて反撃が来ることが有り得る。それを防ぎ、完全なる勝利へと導くのが残心である。」
(引用元:残心


かっけぇ・・・完全なる勝利へと導く・・・だと・・・!?

調べてみたら想像以上にかっこいい記述があったので打ち震えています

((((((´AДA`))))))




そこに芸事に関しての記述もありましたので、引用しておきますね。

茶道における残心とは、千利休の道歌に表れている。

何にても 置き付けかへる 手離れは 恋しき人に わかるると知れ[6]
(茶道具から手を離す時は、恋しい人と別れる時のような余韻を持たせよ)

日本舞踊における残心とは、主に踊りの区切りの終わりに用いられ、表現として「仕舞いが出来ていない」ともいわれる。弓道と同じように最後まで気を抜かず、手先足先まで神経を行渡らせ区切りの「お仕舞い」まで踊る事を指す。



うん殆ど書きたいこと書かれてる感じw

「余韻を持たせる」ということ。

吹奏楽時代からそれはとても強く意識してきたことでもあります。

余韻まで音。自分の音に責任を持つ上で、余韻がなっている限りその音を放棄してはいけない。

あったりまえのことなんですけどね。速いテンポの曲だとそれを疎かにしがちになってします。

心構えだけでもいいし、どのような形でも構わないけれど、残心は意識すべきことのように思います。


剣道だって試合の最中そんなハイパーゆっくり余韻をかみしめている暇はありません。

あくまで意識の底にあるかどうか、ということ。

残心に引っ張られて次の所作が遅れては意味が無いですが、軽んじてもいけない。

このラインが難しいですね。速いテンポだと僕はたまに引っ張られますw

修行が足りぬ・・・


遅いテンポの時こそ残心の意識しがいがありますね。

吸った息を出し切る意識、出し切った後もその余韻を見つめる意識。

遅いテンポって苦手な人が多いです。実際普段120以上とかで練習する人多いですからね。

じっくりしっとり聴かせるドラムを叩く時、1音1音を意識しやすい時。

そういったときから始めていくと、効果がよく分かるかなーって思います。


ドラムだけではなく、他の楽器についても言えることです。

吹いてすぐ楽器を口から離すんじゃなく、余韻を噛み締める。

弾いてすぐエフェクターいじったりするんじゃなく、音を体から放出し続ける。

多分、みんな自然とやってることなんじゃないかなとは思います。

楽器の経験が増えれば増えるほど、堂に入った動作をするようになることがその現れなのではないかな、とか。





ぶっちゃけ楽しく演奏できたらそれでいいのよ!w

毎回書いてますが、何かの参考程度にしてもらえたら嬉しいです。



それにしても僕のblogは精神論が多いですねw

まあ技術論については他にいっぱい書いている人いますからねえ。

そもそもこの考察を始めたコンセプトとして、「他の人があまり書いていないこと」についてだし。

そうなるとこういう方向性が増えてくるのは当然かなー。



たまには何か参考になる様なフレーズでも叩いてupしてみようかとか考えたりしますが、それはまた気が向いたらw
スポンサーサイト

ハヌマーン ハイカラさんが通る



ハヌマーンのハイカラさんが通るをドラムカバーしました!

ぜひ見てやってください!
プロフィール

たつとむ

Author:たつとむ
ドラマー、パーカッショニスト。
6年間の吹奏楽生活の後、ドラムセットを菅沼孝三氏、マーチングスネアを中部敬之氏に師事。
現在は広島県で活動中。
レコーディング、サポート、レッスンなど随時受付中ですので、メールフォームからお願い致します。
自転車もやってるよ!
使用機材
楽器
Snare Drum Ludwig LM400BT
Electric Drum Roland TD-9KXS
cajon DG Kiyo,channy
Cymbals:paiste 2002,twenty
guitar:duesenberg starplayer V

自転車
GT GTR Series4 LTD (SRAM rival)
MONGOOSE TYAX (Shimano DeoreLX&XT)
Panasonic PCT-3000(Shimano ultegra 6800)
Oribike M10

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。